管理人のプロフィール&ポリシー

       

私が入学した当時、大学には弓道部がありませんでした。(昭和36年)

たまたま私は高校時代に本田琉の弓を学んだ経験があったので、もう少し弓をやってみたいという願いがありました。そこで当時学生寮に住んでいた私は庭に巻き藁を作り一人で練習していました。しかし物足りなくて、だれか教えてくださるところがないか探したところ、ちょうど近くに浦上道場があることを知り、その門を叩きました。そこで始めて自分が学んできた弓とは違う引き方を見て、びっくりしたものです。しかし、しばらくの間は勇気がなくて自分の引き方を変えませんでした。押し手カケをして、四つカケで、取り矢をしないで引いていましたが、それを先生方は暖かく見守ってくださいました。それからしばらくの後、浦上先生の日置流印西派の勉強を始めました。

当時を思い起こしてみると学校には学生寮が二つあり一つは綺麗でしたが、地方から上京した者は、木造の古びた廃校になったような建物を改造した寮(清和寮)にいました。押し入れが二つありその上下に布団を敷いてベットにして一部屋4人で住んでいました。地方から出てきたいろいろな先輩たちと一緒でそれは楽しいものでした。年に一度「寮祭」と称して広場でキャンプファイアーを楽しんだり、神輿をかついで裸で自由が丘の駅前広場まで行ったりして馬鹿なことをしていました。その頃、高校時代引いていた弓が懐かしくなり巻き藁を作り寮の広場で引いていました。学校に行くと他の部活の勧誘が激しく、それならいっそ自分で同好会を作ろうと思い立ち、寮の仲間を誘い、クラスの仲間にも声をかけ立ち上げました。しかし、練習する場も教え手もいなかったので弓具屋さんに行って相談したところ近いところに浦上道場があることを知りその門を叩きました。


当時、栄先生はご健在でしたが、かなりお歳でした。
しかし博子先生は 弓の指導に関しては、まったく口を出されませんでした。次ぎの詠が示す通りです。【人の弟子構えて弓をそしるなよ、人それぞれに思いありなば…】    

しかし愽子先生には先を見据えたご援助をいただきました。当時、浦上道場で三羽鴉と言われていた、福留先生、小野先生、米山先生を順に学校のコーチに割り振っていただきました。 それを諸先生方は快く受け入れてくださいました。(今思い起こすと、浦上道場、諸先生方には多大なご心痛と経済的なご迷惑をかけていたことと深く反省しております。)

学校の授業が終わると、一目散に皆で道場にお邪魔すると、ちょうど下の写真のような状態でした。そうです栄先生はいつも暇があると道場に弓の張り台を出されて弓のムラ取りをされていました。

私たちを見るとニコニコされて「あ~いらっしゃい」と言われすぐに道具をかたずけて、ご自分も弓を持たれて、まずご自分が巻き藁を引かれ、そのあと皆が続きました。ふた回りほどする間に一人、一人を しっかりと指導されました。その光景は今でも目に浮かびます。 本当に私は恵まれた環境で素晴らしい先生から弓を学べていたのです。しかし当時はいまほどの認識がなく、ただただ一生懸命弓を引いていましたが、今になって、はっきりと偉大な素晴らしい先生から伝統ある日置流印西派をご指導いただいたのだ ということを認識し深く深く感謝している次第です。

その後、丁度 1964年の東京オリンピックのころ持病が、ぶり返し吐血、下血の末、長期入院せざるを得ない状況になりました。当時の学生寮生の多くの方からの輸血で救われました。その後かなりの間、弓から離れていました。

       平成20年8月に久しぶりに道場をお尋ねしました。愽子先生もご健在で私のことも良く覚えていてくださいました。皆さんにご紹介をしていただきこの人は学校の弓道部を作った人ですよ とも言ってくださり快く迎えてくださいました。撮影にも快く応じてくださいました。    

(最上部の写真は小野先生の指導の下に千葉の館山まで合宿に行った時の写真です。現在生き残っている仲間はごくわずかです。この写真のカメラマンはまだ健在で故郷で元気に弓を引いています。)

そのおかげで、つい最近まで学校の弓道部は純粋な日置流印西派を直弟子を通して学ぶことができていました。これ等の事は本当に感謝すべきことと心から思っています。この感謝を形に表す方法の一つは、学校の弓道部が勝ち負け、中りだけにとらわれず、少しでも純粋な浦上栄先生の日置流印西派の引き方を受け継ぐようになるようにと願っています。そうした点でも、指導者たる者正しい認識を持つべきであると考えています。現在では栄先生の貴重な資料が文章化されているので、直弟子が居なくなっても正しい指導が出来るはずです。[

また、この稲城の地でも、純粋に印西派を学ぶ人たちを微力ですが育てていきたいと思っています。弓連の段や称号を取ることに情熱を傾けるあまりに貴重な流派の教えがなおざりになりつつあるこの時代に、「稲城紅葉会に来れば段取り競争に患わせられずに弓の練習が真剣にできる」、また、「ここに来れば、同じ志を持つ人がたくさんいる」 という事を、多くの人に知られるようになってほしいと思って同志と共に頑張っています。

[私達の永遠の師 浦上栄先生のことば]

物には本末があり、事には終始がある。遠きに行くには近きからするように、射道においてもまた同じで、それぞれ順序がある。それ故、体育、修養のみに供してる今日でもなお、古来から伝わっている射法に従って、これを学ぶことが最も必要である。いやしくも、これに拠らなくては射の目的もまた、その効を失うに至るであろう  

 「紅葉重ね」より


 ある入会された方の声

お世話になります。お誘いありがとうございます。おことばに甘えて是非ご指導をお願いします。 「今までは斜面打ち起こしとしか人に言えず、日置流です!と言えないでいました。これから、日置流印西派です。と言い切れる日を夢見ております。 00市では大会の後、優勝者が納射をするようになっています。優勝して納射を日置流印西派の体配で決め手みたいです。」

この言葉を聞いて管理人は一つの場面を思い起こしました。

故 浦上直先生(栄先生の息子さん)は、あるとき私たちが浦上道場に行ったとき、歓迎してくださり、その後弓道談義に入られました

「00さん、私は斜面打ちおこしと言われるのが、きらいでね~、私は左前三角 片面打ちおこし‥…と言うようにしているんです。」

と、言われました。直先生は、私たちの引き方が単に打ちおこしの仕方が違うだけではなく、「もっと難しい引き方をしているんだよ!」と言われたようです。

事実、私たちも印西派を学ぶにつれ、深くそう思うようになりました。浦上栄先生の残された教えに少しでも近づこうと努力すると、ますますその難しさを実感しています。そしてその距離はますます遠くに感じるようなときがありますが、しかし私たちは段取りや称号にさほど関心がありませんので、その分、純粋に真剣に弓を学べて幸せです。

 「もみじの春秋」よりの引用文

 「打ち起こし」は必要に応じて行われるのが自然で、騎射は的が前方約三十間くらいのところにあるので馬上で正面に打ち起こしをし、的前(現在の十五間の的前)では左に的があるから左斜めに打ち起こしをする。

 米国式、英国式、中国式、蒙古式、などおよそ弓矢のある民族は皆しかりである。

[管理人の独り言‥‥1]

現在の弓道界の中には、弓の引き方を「正面打ち起こし」「斜面打ち起こし」と言う表現で分けて、あたかも「打ち起こし」の仕方が違うだけで大差はないような考え方が一部にあります。

確かに段や称号を追い求める人々にとっては、そう考えるほうが当たり障りがなくて良いかもしれません。

ある称号者はこう言いました「○○さん‥弓はどうやって引いてもいいんだよ!」‥こうした言葉は段取りを目的にする人たちには当てはまるかもしれません。

しかし、弓は本来その発展をたどれば、

騎射(馬上の射を目的とする)小笠原流、 

歩射(徒歩にて近き敵を射る、現在の十五間)ー日置流、吉田、印西、雪荷、大和、 堂射(三十三間堂の通し矢を目的とする)ー道雪、竹林(ここから本田流がでてきた)、大蔵の三射に分類でき、そのいずれもその目的に適するよう射法弓具が発展してきたものです。ですから、それらを無視して自分にとって都合のよいところだけを取り入れ、自分独自な射を作っていくと、どうなるでしょうか? そうした人たちが、また指導者として新しい人たちを教えていくと将来は一体どうなるのでしょう?

確かに弓道人口は増えても、次第に本来の素晴らしい流派の特徴が、影をひそめ、段取りのための独特な弓道が出来上がってくるのではないでしょうか? すでに、その兆候はいろいろな所にはっきりと見えています。

先ほどの「打ち起こし」の話に加え、ご自分の書斎からたくさんの日置流に関する本を持ってこられ、最近では○○さんがこんな本を出している、と言われご自分が付箋を付けられた部分をたくさん示されました。そこは浦上栄先生の教えから外れている箇所だったようです。直先生は本当によく印西派を研究され、またさらに「ご自分のお父さんを心から尊敬されているんだな~」と感じました。

また、栄先生直筆の写し「日置流弓術射道大意」の写しを紅葉会の成員分いただきました。

「私たちの宝ものです。」(飾っておくのではなく、皆で読み込み暗記していつも復習しています)。

私たちはこれらのことをよく心に留め、自分個人の考えや、他の人からの受け売りを他の人に教えることなく、いつも浦上栄先生の教えを忠実に学んでゆきたいと思います。

   人はやがて年を取り、朽ちてゆきます。

     しかしこうした貴重な文章や同門会が編算した数々の書物は、

          いつまでも残っていくはずです…。

また、私たち紅葉会のホームページも、こうしたことの少しの手助けにでもなり、多くの誠実な方が真の日置流印西派に関心を持っていただく、きっかけになればと思いこれからも記し続けてゆきます。

そして私の後に続く方たちもきっと、その意志を引き継いでくださることと、確信しています。

[管理人の独り言‥‥2]

そういえば、ある射会で何十年かぶりに会った友人のことですが、

  彼は私の顔をみるなりすぐ‥

「~さん、私は○○称号と○○段を取りました。うまくなったでしょう‥」と言いました。

彼は、よほど嬉しかったのでしょう。確かにその努力は認めますが彼の弓を学ぶ目標が、いつの間にか、そこに移っていったような気がしました。あとで、彼の射を久しぶりに見ました。しかし私には学生時代の射とあまり変わっているようには見えませんでした。

 (多分私の射もそのようなものかもしれません。)

確かに一旦、称号や何段かを取ると、今度はそれらが邪魔をして少しでも自信がない時には人前で引くのを避けるようになります。その気持ちはわかります。

しかし、栄先生は私たちが練習に行くといつも先頭に立って巻き藁を引かれ手本を示されました。的前を引かれて矢が地を這って行っても決して言い訳されませんでした。

私たちも最後まで弓を引くことを、やめたいとは思いません。

 一般の人たちとよく一緒に弓を引く機会がありますが、まず会話に出てくるのは次のような話が大半です。

「いつ、どこで審査がある」「だれがまた落ちた」「だれだれが、やっと受かった」 ‥‥

「私は、あの人は、いついつ○○段を取った」

「○段を取るには弓を回さないとダメだよ~」

「○段に受かるには、こういう離れでなければ最近は受からない~」

「最近は射よりも、体配をしっかりしないと~」 ‥‥

また、ある人はこう言われていました。

 「最近の弓は人に見せるための弓道になった‥…」

私たちは、そうした考え方に調和したいとは決して思いません。

私たちは浦上栄先生の射を研究し、見習い、少しでも近づきたいと心から願っています。

[管理人の独り言‥‥3]

[管理人の独り言‥‥4]

弓の上手、下手について

「 中・貫・久の三要素が具備された場合を上手といい、

  まだ十分でない者を下手というのである。」「紅葉重ね」より

  「中」はあたり 「貫」は貫通力 「久」はそれらの要素の永続性をいう。  

 またつづきは、後ほど…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厚生年金