私たちの練習方針

未分類

【トップページ】浦上栄先生の貴重な言葉の数々】【流派について!】【来たれ!心熱き人たち】私たちの練習方針【浦上栄先生の射技概要】日置流印西派 体配】【会員専用「喜の字のお祝い」の動画】【会員専用 浦上栄先生の射技詳細】【お問い合わせ【管理人のプロフィール&ポリシー】

「私達の練習方針」 

昔の教歌に、このような歌があります。

「人の弟子 かまえて弓をそしるなよ その人毎に思いありせば」

これは 道場では師範は一人であって、

仲間同士で口出しをすることがあってはならない、という教えです。

浦上栄先生は、ご健在のころには、このことに徹しておられました。

新しい人が見えると、いつもご自身が手を取って親切に教えられていました。

決して他の人に初心者の指導を託したりはしておられませんでした。当時、博子先生でさえ決して指導には口を出されませんでした。今振り返ってみると、その当時、直接指導を受けた人は本当に幸せです。

なぜなら初心者の時に教えられたことは、ず~と、その人についてゆくからです。

この大切な初心の時に、いろいろな人から、いろいろな教えを受けますと、その人は混乱して、どのような引き方がよいのか解らなくなってゆきます。やがて関心をなくし弓をやめてしまうのを、よく目にします。当会にもよく、そのような不満を抱いておいでになる方が来られます。「違うよね~!」とよく言っておられました。

現在は体育館型弓道が主体になっていて、すぐに段を取ることを主な目標にさせ、まず、歩き方などの動作を教えこみ、純真に日本の伝統ある弓を学びたいと思って入会しようとした人の関心を、削いでゆきます。また、弓連の00段を持っていないと、公な体育館弓道場でも「弓を引かせない」と言うところがあるそうですのですね。それで仕方なく、いろいろ変化する弓の引き方、動作を学ばざるを得なくなってしまうようです。おかしな話ですね!

綺麗な離れをしていた熟練者が、作った残身即ち、離れた後さらに大きく開こうとする二段離れになっていくのをよく見かけます。そして、なぜそのようにするのか?との問いに対して「そのほうが大きく見え立派に見える」と言うかもしれません。しかし初心者や未経験な人の目はごまかせても、長年修練してきた人の目はごまかせません。残身は左右均等な伸び合いの結果であるべきです。

一方、初心者はそこを耐えて少し進歩していくと、今度は講習会に行くことを強く勧められます。そこで又、いろいろな指導者に、いろいろなことを教えられ、困惑していきます。しかし、少数の強い人は、やがてその混乱の中で耐えぬいて自分なりの引き方を身に付けられ、段や称号をとり、やがて先生と呼ばれるようになってゆきます。そして今度は、その人が、自分の経験、引き方を他の人に教えてゆくようになっていきます。

私たちは段を取ることを否定している訳ではありませんが、現在の弓界のようにあまりに段位に重きを置くと、日本の素晴らしい伝統ある弓術の素晴らしさが、なおざりにされていくのではないでしょうか!

[流々になりかかりこそちがうとも、極意のすじはおなじみちなり】 日置流琴玉歌

弓は流派によって形に少しの違いがあるが、それぞれに極めれば一様にすばらしいものです。

しかし、段をとることに重きを置いた弓の修練は、やがて混乱に陥っていき

伝統あるそれぞれの流派のよさが影を潜めていくのではないでしょうか!

私たちはこの混乱の中に足を踏み入れることなく、

まっすぐに一つの流派を学べるのは特権です!

私たちの通常の団体練習

まず巻き藁で順番に2射かそれ以上引き、遅れてくる人がいれば揃うまで練習します。巻き藁が基本です。順番に巻き藁を引くのは浦上栄先生が何時もそのようにして手本を示してくださったからです。栄先生は、まずご自分が先に引き手本を示され、そのあとに弟子たちが順番に続いたものです。そして個々に指導を受けそれから、射に入ったものです。

ですから、現在でも、まづ主たるものが先に引き、そのあとに続く人たちに指導を与えるのは栄先生に習っている練習方法です。

それが終わったら日置流印西派体配で射に入ります。時間がない時は略式体配で行います。大勢の時は詰めて1立で行うようにしています。たとえ的が人数分、無くても射込みます。(一つ的演武の要領で)  日置流は的を見て左足踏み、そこからで目縄(目で線を引く)を引き右足を開きますので、どこに立っていても基本ができていれば引けるはずです。

現在私達には充分な資料が供えられており、それを学び実践しようとする強い強い意志があればそれを学ぶのは可能です!

私たちの指導者は、永遠に浦上栄先生です。

何か困難に直面しますと、基本となる資料に戻り、写真を見、ビデオを見ます。また、他の人を指導するときは可能な限り資料の表現を用いるように努力し、その発言を資料から裏付けるように努力しています。

ですから、私達全員は、絶えず資料の勉強をすることが必要になってきます。

そして、決して個人的な見解を伝えることがないように細心の注意を払います。

また団体練習、合宿の時に時間を取り、皆で書物から勉強し反省、実践します。

これは他の人から見ると地味に見えもしれませんが、私たちはこれで充分に楽しんでいます!

資料に書かれていることを少しずつ実践していくと、浦上栄先生が言われた言葉の意味が僅かずつですが理解できてきます。

自分の歩んでいる方向は間違っていないと自信を持ててきます。

また、日置流印西派の教えは大変合理的で、15間の近的の射法には最適だと、確信できてきます。

弓は本当に楽しいですよ!

始めて1ヶ月くらいの新人です。よろしくお願いいたします。h20,3

弓構            打起              

三分の二  詰合・伸合・やごろ

離れ・残心

浦上栄先生の、四寸・八寸の理想的な離れ

豪快な押手・豪快な残心……!  4寸・8寸の理想的な残身!

      現在ではこのような素晴らしい射には、お目にかかれません。

                              

栄先生は次のように言われています。

物には本末があり、事には終始がある。遠きに行くには近きからするように、射道においてもまた同じで、それぞれ順序がある。それ故、体育、修養のみに供してる今日でもなお、古来から伝わっている射法に従って、これを学ぶことが最も必要である。いやしくも、これに拠らなくては射の目的も また、その効を失うに至るであろう     

  「 紅葉重ね」より

 私たちもこの言葉に励まされ、射の目的を失うことがないように日々修練をしております。

私たちは、日置流印西派浦上栄先生の教えをを学べて本当に幸せです!

   数は少ないですが、このことに賛同する仲間と励まし合いながら

    互いの進歩を褒めあい日々楽しく、真剣に学びあっています。

      是非、心ある方は私たちと共に、学びあいましょう!

       私たち一同、心よりお待ちしております!

   心の熱い人!来たれ!   

トップページに戻る

当HPに記載の記事、情報、写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました